現代流通論の教科書を借りる時、その時だけ、閉館間近の大学図書館で、たった一回だけ会話した、バイト先が一緒だった中国人留学生の彼女。今は何をしているのかしらないけど、なんだかその日は不思議な日だった。

「我々は日々活字に追われている!活字に縛られない自由な生き方を!」

それは街の所々で大きく記されていた。活字で。

こういう構図がすき

川田歯科50m先

退廃的世界大戦

この絵なんかは本当に特別な特別な絵。一番好きな絵。

ボンヤリとした幻影がそっとやってきて
ぼくの眠っている間にその種を置いていった
そのまぼろしはぼくの意識に宿り
今も静寂の音の中で動かない

遠くに見える湿地帯から、にょきにょき近代的なビルが生えている夢

仕事にいってきますクラスタ